文字サイズ

TOKIO松岡 伝統のステージ「とても楽しみ」

中村獅童(右)との共演で抱負を語る松岡昌宏=新橋演舞場(撮影・園田高夫)
そろって手を振る(前列左から)藤本隆宏、田中圭、松岡昌宏、中村獅童、松岡茉優、八木亜希子、三谷幸喜、(後列左から)中村蝶紫、磯山さやか、飯尾和樹、高田聖子、妃海風、吉田ボイス=新橋演舞場(撮影・園田高夫)
なごやかな雰囲気で会見中、笑顔を見せる松岡昌宏(前列左から2人目)と中村獅童(同左から3人目)ら出演者たち=新橋演舞場(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 TOKIOの松岡昌宏(41)が2日、都内で、舞台「江戸は燃えているか」(3~26日、東京・新橋演舞場)の初日前会見を行った。長い芸歴の中で新橋演舞場の舞台を踏むのは初めてという松岡は「初の演舞場、とても楽しみにしています」と気合十分。1925年に開場した伝統ある劇場に出演することに胸を張った。

 同所は歌舞伎の公演なども行われており、客席を縦断する花道があるのが特徴。演出を務める三谷幸喜氏(56)も同所での公演は初めてで、花道を使った演出もあるという。三谷氏が「(客席にある)ちょうちんとかがすてきですよね」と語ると、松岡も「いいですよね」とにんまり。昔ながらの雰囲気を残す会場にワクワクしているようだった。

 舞台は官軍が迫る江戸で、無血開城のために庭師の平次(松岡)が勝海舟(中村獅童=45)とW主演する獅童)の替え玉として西郷隆盛(藤本隆宏=47)と会談しようとすることからおこる騒動を描いたコメディー。共演はフリーアナウンサーの八木亜希子(52)、元宝塚歌劇団の妃海風(ひなみ・ふう=28)、グラビアアイドルの磯山さやか(34)、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹(49)らバラエティーに富んでいる。松岡は「いろんなジャンルの人がいて、みんな存在感、間が違う」と多様性もアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス