文字サイズ

Juice=Juice宮本佳林 「ベル麻痺」で入院

Juice=Juiceの宮本佳林
1枚拡大

 人気アイドルグループ「Juice=Juice」の宮本佳林が12日、グループの公式ブログを更新し、病院で「ベル麻痺」の可能性があると診断され入院したことを明かした。

 13、14日に予定されている「Hello! Project 2018 WINTER ~PERFECT SCORE~ ~FULL SCORE~」(東京・中野サンプラザ)は欠席する。

 宮本は「1週間ほど入院して加療をし、安静にした方が早い回復を図れるとの助言を受け、入院することになりました」と報告した。

 3日のリハーサル中に首を捻り、首の痛みと頭痛もあったため念のため病院で検査したという。音の聞こえ方にも違和感があったという。

 「今の私では100%のパフォーマンスをお届けすることが出来ないので、明日、明後日のコンサートはお休みさせていただきます」とした。「メンバーやスタッフさん、そしてみなさんにもご迷惑とご心配をおかけしておりますが、しっかり治して復帰します」と謝罪と1日も早い復帰を約束した。

 日本神経治療学会のサイトによると「ベル麻痺」は顔面筋マヒの一つで、日常的に比較的多い神経疾患とされている。標準的治療としては副腎皮質ホルモン療法、抗ウイルス薬治療などが挙げられている。

 宮本は昨年7月に「機能性発声障害」と診断され、ライブやイベントなど、声を出す必要のある仕事を休んだこともあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス