文字サイズ

絢香&三浦大知 小林武史氏プロデュースで最強コラボCD

 シンガー・ソングライターの絢香(29)と歌手の三浦大知(30)がコラボレーションしたシングルCD「ハートアップ」が完成したことが11日、分かった。「絢香&三浦大知」名義で、来年2月14日に発売される。プロデューサーにはヒットメーカーの小林武史(58)を迎えて、超強力なトライアングルを形成した。

 1987年生まれの男女の実力派ボーカリストが、美しいハーモニーを奏でることになった。三浦はKREVA、ゴスペラーズ・黒沢薫、MIYAVIらを相手にコラボ経験が豊富だが、絢香は「WINDING ROAD」(07年)と「あなたと」(08年)をヒットさせた「絢香×コブクロ」以来、自身2度目の挑戦。30歳の節目を迎えた同級生同士が、手に手を取った。

 今年4月に企画が立ち上がり、夏から楽曲制作がスタートした。9月には音楽フェス「908 FESTIVAL 2017」でステージ初共演し、KREVAを加えた3人で1曲披露。お互いのパフォーマンス能力を確かめ合った。

 作詞・作曲は絢香が担当し、失恋からの成長がテーマのミディアムバラードに仕上げた。今年のNHK紅白歌合戦に初出場する三浦は、激しいダンスナンバーを得意とするだけに、ソロとは一風異なるリズムを刻む。アレンジを手掛けた小林からプロデュースを受けるのは、2人とも初めて。

 3人の魅力が結集した楽曲に、絢香は「大知さんとのデュエットや、小林武史さんの前向きな中に潜む切なさも感じられる素晴らしいアレンジにより、その世界観をより豊かに表現することができました」と満足げ。三浦も「もともと絢香ちゃんの声をいちリスナーとして聴いていたときから、歌心や声の強さを感じていました。あらためて声の存在感の凄さを感じました」と“パートナー”に敬意を払っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス