文字サイズ

ダビンチの油絵 500億円で落札したのはサウジの王子だった

 レオナルド・ダビンチの油絵「サルバトール・ムンディ」=ロンドン(AP=共同)
1枚拡大

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は6日、巨匠レオナルド・ダビンチがキリストを描いた油絵を11月に美術品としては史上最高額の約4億5千万ドル(約506億円)で落札したのは、サウジアラビアのバデル王子だったと報じた。

 油絵は「サルバトール・ムンディ」(「救世主」、縦約65センチ、横約45センチ)で、1500年ごろに制作された。20枚もない現存するダビンチの絵画のうち唯一の個人所有で、長年行方不明になっていた「幻の作品」。落札者に注目が集まっていた。

 バデル王子は、サウジアラビアの汚職を巡り富豪の王子や閣僚ら約200人の拘束を主導したムハンマド皇太子の友人。

 パリのルーブル美術館の海外別館でアラブ首長国連邦(UAE)にある「ルーブル・アブダビ」は6日、ツイッターで落札された油絵が同館に移送されると明らかにした。移送の経緯は不明だが、ムハンマド皇太子はUAEの王族と親密な関係にあるという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス