文字サイズ

将棋の女流プロ1号 蛸島彰子六段が引退へ 年齢的衰え理由に

 蛸島彰子女流六段
1枚拡大

 女流将棋界の草分けで、女流プロ第1号の蛸島彰子女流六段(71)が年齢的な衰えを理由に引退することが7日、明らかになった。来年度以降の女流棋戦にはエントリーせず、残っている女流名人戦、女流王将戦の予選でともに敗れた時点で引退となる。

 蛸島女流六段は東京都出身。小学生の頃、将棋を覚え、1961年、7級でプロ棋士養成機関「奨励会」に入会、女性初の奨励会員に。66年、初段で奨励会を退会。74年、女流プロ名人位戦が創設され、女流プロ第1号に認定された。

 第1期を制して初代女流名人となり、3連覇を達成。第4期でタイトルを失ったが、第8期で取り戻した。女流王将も3期獲得している。

 通算成績は331勝326敗で、日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属。蛸島女流六段は「これからも将棋文化の普及、発展に寄与していきたい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス