文字サイズ

NHK 受信料合憲判決「錦の御旗」にしない 徴収現場に文書で通知

 NHK・上田良一会長
1枚拡大

 NHKが7日、都内の同局で定例の会長会見を行った。6日に最高裁でNHKによる受信料制度が合憲とする判決が出たことについて、現場の受信料徴収についての質問に上田良一会長が回答した。

 これまでも受信料徴収の現場では、さまざまな不祥事やトラブルが発生している。会長も「いろんな不祥事といいますか、問題が発生しています」という点は認めつつ、「委託先であっても、そこに対する教育・指導という言い方がいいかわかりませんが、NHKが本来的に果たしている役割をしっかりと説明しご理解をいただく努力をすること」はプログラムをつくって徹底するよう努力をしていると語った。

 また、営業局の担当者は判決が出た昨日の時点で、「何か『錦の御旗』のようなものを掲げて説明がおろそかになることのないように」とする文書を全訪問員に配布したと明かした。

 営業局としては、視聴者からのクレームやトラブルを「営業部門としては一番なくさないといけない課題」とした。これを「ゼロというまでにはなかなかいかないんですけども、これを営業の目標と同じように減らしていく。数字の件数もとってお客様からいただいた訪問活動を契機とした声の件数を理事会、経営委員会に報告して減らすよう努めているところです」とNHK全体の課題として取り組んでいるとした。これに平行して、現場で徴収する人に対して教育活動をしていると説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス