文字サイズ

とろサーモン M―1グランプリV 結成15年「最後のチャンス」で報われた

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ 2017」の決勝戦が3日夜、東京・テレビ朝日で行われ、2002年結成のコンビ「とろサーモン」が、最後のチャンスを生かして、13代目Mー1王者に輝いた。

 結成15年、ラストチャンスの2人が、殻を破り頂点に駆け上がった。この日が誕生日のツッコミの村田秀亮(38)は、涙をこらえ「売れずに終わっていくんかと思っていたんですけど…。うれしいです」と感無量だった。

 M-1には03年から出場し続け、10大会で9回準決勝進出するも、決勝は遠かった。村田は「何度も挫折を味わった」と回顧。ボケの久保田かずのぶ(38)も「どこかでずっと、M-1を憎みながら漫才をしてきた」とし、「今日、回収できたことで、漫才師としての宿命を変えさせていただきました」と満面の笑みを浮かべた。

 決勝1本目では、時事ネタの大相撲暴行騒動を組み込んだ。和牛、ミキと激突した最終決戦では、同じ所属事務所の芸人の運転トラブルをイジるなど、ギリギリを突いたネタが功を奏した。

 M-1の出場資格は「結成15年目以内」。ギリギリで栄光をつかんだベテランが、遅まきながら芸能界を席巻しそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス