文字サイズ

浜崎あゆみ、ドクターストップで公演中止 謝罪「自己管理を含めプロ。言い訳ありません」

浜崎あゆみ
1枚拡大

 歌手・浜崎あゆみ(39)が17日に仙台・東京エレクトロンホール宮城で予定していた公演が急性気管支炎によるドクターストップにより中止を余儀なくされた。浜崎はインスタグラムを更新し「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません」と謝罪した。

 浜崎の公式HPでは、17日の公演中止を「台風によるツアースケジュールの変更が重なったこともあり、本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました」と説明。ギリギリまで開催を目指したため、中止決定が遅れたことを謝罪し、振替公演の実現に全力を尽くすとしている。

 浜崎は、インスタを更新。「今、点滴による眠りから覚めて、時計を見て驚くと同時に、なぜ私は今日ここに立ち、想いを届けられなかったのかと、ホテルの部屋で去年の仙台の皆との写真を見つめています」と記した。

 そのうえで「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます。また、涙しながら会場を後にする皆をメンバー全員が出口に並び最後までお見送りをしていたとも聞きました。どんな想いで居たのか…言葉になりません」と謝罪の言葉を綴った。

 「そして何より今日のステージを糧に様々な事を乗り越えて集まってくれた仙台の皆様、本当に申し訳ありませんでした。私は歌うこと以外何にも出来ません。だからまた絶対に歌いに戻って来るから、その日までどうか待っていて下さい。愛しています」と再訪を約束した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス