文字サイズ

坂上忍、日馬富士休場理由に疑問 「ケガ」と断言の横野リポーターにも意見

坂上忍
1枚拡大

 俳優の坂上忍が15日、フジテレビ系「バイキング」で、暴行騒動を起こした横綱日馬富士の休場について、日本相撲協会が「左上腕骨内側上果炎、及び、左尺骨神経痛」としたことに「ここまでの問題になっていてケガどうのって、違和感ある」と疑問を呈した。

 番組では冒頭から暴行騒動を巻き起こした日馬富士について議論。その中で相撲協会の対応についても取り上げたが、坂上は「休場の理由をケガにしたでしょう?あれはねえ」と相撲協会が日馬富士の休場理由をケガとしたことに疑問。すると横野氏は「あれはケガです」と即答したことから、坂上の表情が一変した。

 「ちょっと待って下さいよそれは」と切り出すと「大騒動になるの目に見えてる。それなのに休場をケガのせいにするって…。だってケガ抱えてない力士はいるわけない。そういうところから正直になるべきだと思う」と訴えた。

 横野氏は「どういう理由にすればいいんですか?」と質問。坂上は「『お騒がせしておりますが』ってことですよ」とコメント。横野氏は「協会の言い分としては、横綱の2連敗は理由になるんですね」というと、坂上は「横野さん、それは…」と渋い表情。横野氏は続けて「休場を出場停止にするのは協会の処分ではないので、調べてから処分する。休場を処分の理由にしたくないってこと」と説明すると「そういう風に言えばいい」と、きちんと事情を説明すべきと訴えた。

 横野氏は「ケガって言う理由を出すことが問題って事ですね?」と確認すると、坂上は「ここまでの問題になってるのに、ケガどうのこうのって違和感感じちゃう」と首を傾げていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス