文字サイズ

整形100回以上のヴァニラ 顔面崩壊の恐怖、激しい頭痛との闘い激白

フジテレビ社屋
1枚拡大

 「フランス人形」に近づくため、整形手術を繰り返しているタレント・ヴァニラが3日、フジテレビ系で放送された「金曜プレミアム キテレツ人生」に出演。これまで100回以上の整形を繰り返し、激しい頭痛や鼻が曲がるなど、顔面崩壊の恐怖という“後遺症”と闘っていることを明かした。

 18歳の時に一重を二重にした切開手術を受けて以降、目は6回、鼻は7回、額(ひたい)2回、顎5回、口周り5回、豊胸、脂肪吸引など、大小あわせて100回以上の整形手術を受けてきたヴァニラ。毎月の「メンテナンス」費用を含めて、これまでで「1億円ぐらい」を整形に費やしてきたことを語った。

 美の追究の一方で、“後遺症”も伴っていた。額の手術をしてから「頭痛がひどくなって、血流がよくなることは全部できない。長風呂も熱いものもダメ」といい、頭痛薬は手放せず、「これないと、怖くて外出できない。頭痛起きたら動けなくなっちゃう」生活。

 また、「顔をゴシゴシ洗うこともできない」という。理由は鼻の整形手術の後遺症。人工骨を「ギリギリの所まで入れてるんで、鼻が曲がっちゃうかもしれないし」と“顔面崩壊”の恐怖を告白した。

 さらにリフトアップで顔に糸を入れているためか、「糸もたくさん入れてるから、痛い」。顔にぶつかられたら怖い、という理由で、予測不可能な動きをする子供には近づけず、「顔からこけたら(顔が)ぐちゃぐちゃになっちゃう」という恐怖で、雨の日も要注意。豊胸したため、「(胸がつぶれちゃうのも怖い」とうつぶせで寝ることもできないなど、不自由な生活を強いられている。

 それでもヴァニラは、さらなる整形への意欲を語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス