文字サイズ

小林幸子、日本酒プロデュース「無理して飲んでいいのよ~」

自身がプロデュースした日本酒をPRする小林幸子=東京・目黒
1枚拡大

 歌手・小林幸子(63)が14日、都内で行われた、自身がプロデュースした日本酒「越後情話」の発表会で、大ヒット曲「おもいで酒」の歌い始めの歌詞を「♪無理して飲んでいいのよ~」と変えて熱唱して新酒をアピールした。

 プロデュースは故郷・新潟の県人会会長から依頼され実現。日本酒好きな小林にはうれしいオファーだったようで、新潟の米に佐渡の海洋深層水を使用し、瓶のデザインも手掛けるなど徹底的にこだわり、銘柄も新潟にまつわる自身の楽曲名から名付けた。

 ラベルには日本酒では初めてQRコードが印刷され、ダウンロードすると和服姿で日本酒のグラスを持つ小林が登場。あでやかに「乾杯!」の発声を行うという新たな仕掛けも用意されている。

 ステージ上で試飲した小林は「女性もおいしいと言っていただけるおいしさ」とアピールし、自身の「乾杯!」動画には「AKBみたい!」と女性らしさを自画自賛していた。

 日本酒「越後情話」は10月下旬から庄やグループの各店舗で販売される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス