文字サイズ

“櫻井校長”登場に学内騒然 大歓声に「中高生の圧がすごい」

生徒たちにあいさつをする多部未華子=都内
生徒の歓声に包まれ登壇した多部未華子=東京都世田谷区の国士舘中学校高等学校(撮影・中田匡峻)
司会として会場を盛り上げたラルフ鈴木=東京都世田谷区の国士舘中学校高等学校(撮影・中田匡峻)
3枚3枚

 嵐の櫻井翔(35)が13日、東京・国士舘中学校・高等学校で行われた全校集会にサプライズ登壇。4年半ぶりの連続ドラマ主演となる日本テレビ系10月期ドラマ「先に生まれただけの僕」(土曜、後10・00)で校長役に初挑戦することから実現したドッキリ企画に中高生867人が驚きの大歓声を上げた。

 男女共学で中高一貫の国士舘校長から「他校の校長先生のお話を聞いてもらいたいと思います」と紹介を受けると、“櫻井校長”が姿を見せた。国民的アイドルの登場に目を疑い最初はざわつくも、正面にたったスーツ姿の櫻井をまじまじと確認した瞬間、「キャー」と声が響き、櫻井の自己紹介が聞こえないほどの大歓声に包まれた。

 体育館の壇上に上がった櫻井は「いやいやいや、こんなに驚いていただいて有難い限り。こっちに立つとみんなの視線、中高生の圧がすごい」と笑顔。恋人役で10年ぶりに共演する女優・多部未華子(28)も続いて登場すると、男子生徒の盛り上がりも増すと、櫻井は「すごいテンション、上がってるじゃん、男子。よかったね」と交流を楽しんだ。

 演説も行った。「ドラマで『学校が社会のすべてじゃない』というセリフがある」と語り、「国士舘にお邪魔させて頂いて申し上げにくいですが、外に仲間がいるかもしれない。僕は、ジャニーズの仲間だった。別の場所にやりたいことがあるかもしれない。やりたいことが結果として、楽しいこと、成功に結びつかないかもしれないけど、挑戦することが一歩なのかな」と熱弁。最後は生徒と約2メートルの近距離から撮影を行い、生徒との交流を楽しんでいた。

 ドラマの舞台は、民間企業が経営する「不採算部門」とされた私立・京明館高校。商社マン・鳴海涼介(櫻井)が校長となり、学校黒字化に向けて教師の意識改革を図る。櫻井が35歳という若さで校長役を演じることが話題になっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス