文字サイズ

藤井四段、対局始まる 注目昼食は「カレーうどん定食」

対局を行う藤井四段(左)と中田七段=関西将棋会館
1枚拡大

 中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が6日、関西将棋会館で順位戦C級2組の中田功七段(49)との対局を開始した。2日の対局で公式戦初黒星を喫してから、藤井四段が公式戦で対局するのはこの日が初めて。

 藤井四段は9時40分過ぎに対局室に入ると、うつむきながら午前10時の対局開始を待った。先手の藤井四段は、普段通り、お茶をすすってから初手を指し、「穴熊」に囲った。この日は持ち時間各6時間と長く、同日夜遅くに決着が着く見通し。

 藤井四段は、昼食にそば・うどん店「やまが」のカレーうどん定食を注文。中田七段は、同店のそば定食を選んだ。

 藤井四段は6月26日には、デビュー以来無敗で、歴代連勝記録を塗り替える快挙を成し遂げていた。しかし、2日の竜王戦本戦2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、連勝記録は「29」でストップした。

 連勝記録がストップしても藤井フィーバーは収まらず、この日対局前には、約30人の報道陣が詰めかけた。また、「将棋ファンが対局室への侵入を試みる事案が増えている」として同会館の警備も強化された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス