文字サイズ

木根尚登、演出家から「ギター弾けるんでしたっけ?」 主演舞台でギタリスト役

舞台「何はともあれ、聴いてください!」の制作発表会見で還暦祝いに贈られた赤いサングラスをかけた木根尚登=東京・ポニーキャニオン
舞台「何はともあれ、聴いてください!」の制作発表会見に登場した(左から)才川コージ、鳥越裕貴、木根尚登、高宗歩未、演出の有働佳史氏=東京・ポニーキャニオン
舞台「何はともあれ、聴いてください!」の制作発表会見に登場した(左から)才川コージ、鳥越裕貴、木根尚登、高宗歩未、演出の有働佳史氏=東京・ポニーキャニオン
舞台「何はともあれ、聴いてください!」の制作発表会見に登場した(左から)才川コージ、鳥越裕貴、木根尚登、高宗歩未=東京・ポニーキャニオン
4枚4枚

 TM NETWORKの木根尚登(59)が16日、都内でソロ活動25周年記念舞台「何はともあれ、聴いてください!」(8月10~13日、東京・博品館劇場)の制作発表会見を行った。

 TMNでギターを担当している木根は、テレビ番組で「TMNではエアが多かった」と答えたことがある。舞台で木根は売れないアラサーバンドのサポートギタリスト役を務めるが、演出の有働佳史氏(32)から「ギターを弾く場面は、木根さんがやりたければ。弾けるんでしたっけ?」と“エア疑惑”を直撃され、木根が「まあ、なんとか」と言葉を濁す一幕があった。

 舞台はバンドコメディーをコンセンプトにしており、木根ともに共演の鳥越裕貴(26)がドラム、才川コージ(22)がギターに挑戦する。木根は後輩に対し「要領は教えられるけど、基本は教えられない。どうやってうまく弾いているように見せるかはTMNで得意だった」と明かした。

 9月26日に還暦を迎える木根には、スタッフから赤いサングラスが贈られ、「ジージと呼んで。年齢差に気を遣わないで」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス