文字サイズ

大泉洋×土屋太鳳×向井理 3人がフジ短編ミステリーで主演

 大泉洋、土屋太鳳、向井理の3人が主演する短編ミステリーのオムニバスドラマ「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~」(フジテレビ系)が4月22日に放送される。大泉は「妻の女友達」(小池真理子作)、土屋は「恋煩い」(北山猛邦作)、向井は「情けは人の…」(今邑彩作)という3本の短編にそれぞれ挑む。犬童一心氏が監督を務める。

 大泉がフジテレビ系のドラマに出演するのは「ラッキーセブン スペシャル』(2013年1月3日放送)以来、約4年3カ月ぶり。くしくもNHK朝ドラ「まれ」でヒロインを演じた土屋の父親役を演じた。今回の作品では、「まれ」のような“ダメ父”ではなく家と職場を往復するような“真面目な父”というキャラ。しかし、妻を家政婦のように扱う妻の友人に不快感を示すようになり、やがてそれは殺意へと変わる。

 出演にあたり、「自分が今までやってこなかった役柄や、シーンを演じられることに喜びを感じました」と感想をもらした。妻役の戸田菜穂に対しては「戸田さんは普段も役の上でも、とても優しくて母性にあふれていて、理想の奥さんでした」。その女友達役の高岡早紀は「役の上では高飛車で嫌な女性でしたが、実際はとても親しみやすく、現場を明るくしてくれる方でした」と2人の女性ぶりを絶賛していた。

 土屋は「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」第2話「炎」(2016年1月4日放送)で主演を務めて以来、2度目、約1年3カ月ぶりとなる同局のドラマ出演。今回は彼の浮気を疑う女性を演じる。

 高校時代の同級生と3人で出身高校を訪れると、4年前に起きたある事件の真相が明らかになる。土屋本人が「「あまりにも哀(かな)しい話だと思いました。悲しいのではなく、哀しい…。誰が悪いわけでもなく、何がきっかけというわけでもなく、いつ、誰がどうすれば、こうならずに済んだのかさえ分からない」と振り返る物語の結末は。

 向井はバーテンダーのアルバイト・北川健史役。「信長協奏曲」(2014年10~12月放送)以来、およそ2年4カ月ぶりのフジ系ドラマでは“誘拐犯”を演じる。バーにやってきた中年男から、「ツカハラ産業」という企業の社長の息子をさらう計画を持ちかけられる。実は「ツカハラ産業」の社長は健史の父親。不倫相手の母ともども自分を捨てていたため、恨んでいた。だが、この誘拐を実行した後に物語は大きく動き始める。

 実際にバーテンダーをやっていたことがあるという向井は「とても懐かしかったです。もっとやっていたかったぐらいです」とコメント。「始まりは不穏なストーリーですが、最後まで見ていただけたら、少し優しい気持ちになれる作品です」とPRした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス