文字サイズ

TBS社長「ビビット」での「やらせ放送」を謝罪…「現場はかなり追い詰められた」

 TBSの定例社長会見が29日、同局内で行われ、武田信二社長が同局系の情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金曜、前8・00)の「やらせ放送」について謝罪した。

 問題となったのは、今年1月31日、多摩川の河川敷で生活するホームレスを取り上げた放送。ホームレス男性と、飼育する17匹の犬が近隣住民に迷惑をかけているとして、この男性を「犬男爵」「人の皮を被った化け物」と表現し、男性は取材に対して声を荒げる場面の流れたが、後に男性が当該場面について、TBSに頼まれての演出だったと発言していた。

 武田社長は当該番組について「私も見てました。驚きました」とし、「現場に事実関係や、どういう経緯であったかと確認している。大変不適切な内容だったと思っています。関係者の方には、改めてお詫び申し上げたいと思っています」と謝罪した。

 その上で「BPOにもその経緯を報告し、社内教育や企画の内容のチェックを徹底するよう現場にお願いしている」と発言「あの件も、いろんなところで使われているネタ。なんであんなことになったのかと不思議だが、現場は現場でかなり追い詰められたところがあったようで、違う切り方がああいう不適切な形になったと思っている」と原因を推測した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス