文字サイズ

エレカシ 30周年記念ライブ 宮本浩次「30周年っていっても無我夢中です」

30周年を祝うエレファントカシマシのボーカル、宮本浩次=大阪城ホール
1枚拡大

 ロックバンド・エレファントカシマシが20日、大阪城ホールでデビュー30周年記念ライブを開催し、伝説の“客電付けっぱなしライブ”を再現した。

 冒頭でこれまでの歴史を振り返る映像を流した後、客席の電気を一気に明るくし、デビュー曲「ファイティングマン」を披露した。最も“とがっていた”デビュー年の1988年に東京・渋谷公会堂で行ったライブと同じ演出とあってファン9000人は乱舞。ボーカルの宮本浩次(50)は「30周年っていっても無我夢中です」と思いを明かし、31曲を熱唱した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス