文字サイズ

テレ朝「日曜洋画劇場」消滅 51年の歴史にサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ

 映画評論家・淀川長治さんの名調子「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」で人気を博したテレビ朝日系「日曜洋画劇場」が消滅することが7日、都内で行われた同局改編発表で明らかになった。

 日曜洋画劇場を不定期放送してきた2時間単発特番「日曜エンターテインメント」(後8・58)が報道、バラエティー番組に変わる。同局の西新総合編成局長は「日曜洋画という枠はなくなるが、洋画はフレキシブルに特番で放送する」と昨年50周年を迎えた番組は終了するが、曜日や時間にこだわらず洋画の放送継続を明かした。

 「日曜洋画劇場」は66年に日本初の劇場用映画放送番組「土曜洋画劇場」と始まり、第一回から淀川さんが解説を務めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス