文字サイズ

嵐・相葉雅紀 東京ドームで紅白司会リハ 「本当に緊張する」ドームツアー千秋楽 

 嵐の5年連続8度目となる5大ドームツアーの東京ドーム公演が28日、千秋楽を迎えた。09年から8年連続出場する「第67回NHK紅白歌合戦」で白組史上初の司会と大トリの大役を担う相葉雅紀(34)は5万5000人を前に司会の予行演習。“紅白リハ”で本番へ勢いをつけた。

 ライブ中盤、メンバーの櫻井翔(34)が「年末も迫りました。紅白大トリをやらせていただくことに」と自身初の大トリ就任を報告すると紅白トークが始まった。二宮和也(33)は「ワクワクしてきた」と大舞台への思いを口にした。

 大役発表も友人から祝福の連絡がそれほどないことをメンバーが明かす中、相葉は「第67回NHK紅白歌合戦白組司会の相葉雅紀です」と予行演習を始めた。自己紹介の練習を終えると「白組、続いてはこの方です。松本潤さん。出会いもあれば別れもある『Baby blue』」と松本潤(33)のソロ曲「Baby blue」の曲紹介もこなした。

 「明日からNHKホールに(リハで)入る。今日が終わらないでくれと思ってます。本当に緊張する」と不安を口にしながらも「でも、楽しみ」と前を向いた。1970年の美空ひばりさん以来、46年ぶりに司会&大トリという大役への覚悟を決めると、「みんなを背負って頑張る。白組勝つ。勝って優勝旗を持ちたい」とV宣言。リーダーの大野智(36)が「あれ(優勝旗)は俺が持つ」と奪取宣言すると、相葉は「後ろから蹴るよ」と笑わせ、「歌も大トリでありますから応援して下さいね」と呼びかけていた。

 ライブではヒヤリとする場面もあった。相葉がバック宙で体勢を崩し不完全なものになり、「悔しいです。失敗したことはないね。こういうところあるんですよ。一番駄目なところ出ちゃった」と悔やんだ。最後の曲の前にリベンジでバック宙を成功させ、底力も見せつけた。最後は「白組最後の曲になりました。歌って頂くのは嵐さんです。曲は『Daylight』」とライブ最終曲を熱唱。“大トリリハ”も終えた。

 紅白で歌う曲はベールに包まれているが5人は「嵐×紅白スペシャルメドレー」を予定している。嵐は年末の紅白で弾みをつけ、来年1月8日の福岡ドーム公演で85万5000人動員ツアーを締めくくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス