文字サイズ

AKB紅白選抜、中学生対策に繰り上げ制 午後9時以降の出演確実受け

 大みそかのNHK「紅白歌合戦」(総合7・15)の矢島良チーフプロデューサーが26日、25日の「曲順発表」を受けた記者説明会を東京・渋谷の同局で行った。

 AKB48については、一般投票で本番で歌唱できる上位48人を選ぶ“紅白総選挙”を実施することを発表しているが、この日は中学生メンバーをのぞいた“繰り上げ制”の導入を明らかにした。

 AKBの歌唱順は31番目。午後9時以降の出演が確実で、中学生メンバーの歌唱は原則不可能となる。矢島CPは「あくまでも歌うのは48人。中学生が上位に来た場合には、その人数分だけ、メンバーが繰り上がっていく」と説明。仮に中学生が48位以内に5人いた場合は、53位までがステージに上がれることになる。

 選抜メンバーは29日に放送される紅白PR番組内で明らかにされる予定で、繰り上げメンバーも同時に発表される。「AKB紅白対抗歌合戦」の中間発表は16日に発表された。

 なお、中学生メンバーが選ばれた場合について、NHK側は「中学生の選抜メンバーについては、午後8時以前に活躍していだたける場を検討しています」と説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス