文字サイズ

成宮寛貴氏友人A氏 薬物使用やめるよう「強要すべきだった」 年下なので言えず

 芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴さんの友人A氏が23日、ブログを更新し、成宮氏と出会った経緯や、薬物を使用している当時について振り返った。

 A氏は「ヒロと出会ったのは約4年前です」とし、クラブを訪れた時に友人の紹介で知り合ったという。最初の印象について、「有名人だけど特別な威圧感をだすわけでもなく普通の人と言った印象でした」と振り返った。

 仲良くなるのに時間はかからなかったそうで、やがて「本当の彼の姿が見えるようになってきました。それは薬物の使用でした」と記した。A氏の目の前で「あからさまに使用するようになった」という。

 A氏は「私自身もお酒を飲んでいるので寛容になっていたことも否めませんが、個人的に嫌悪があったわけでもなかったので何度か注意した後はそのままでした」と厳しく注意しなかったことをほのめかした。成宮も「大丈夫、大丈夫」と答えていたという。この点についてA氏は「辞めさせることを強要するべきだったのだと思いますが、ヒロと自分の関係は自分が年下だということもあり、強く言えなかったのも事実です」とし、「それが後で大きな後悔を生み、今の現状を作っている」と反省の言葉をつづった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス