文字サイズ

欅坂46がナチス連想衣装で謝罪「認識不足」「今後一切着用いたしません」

 人気アイドルグループ「欅坂46」がハロウィンコンサートで着た衣装がナチス・ドイツの軍服と似ていると世界的な批判を集めたことを受け、欅坂の所属レコード会社が1日、公式ホームページで「認識不足」とする謝罪文を掲載。今後は指摘された衣装を一切着用しないことを明言した。

 10月22日のイベントで着用した今回の衣装を巡っては、ナチス・ドイツを連想させるとして、インターネット上で批判を集め、海外メディアも報道。米国を拠点とするユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が10月31日に公式HPで、メンバーの写真とナチス・ドイツ風の軍服のイラストを掲載した上で、「我々は(AKB)グループのプロデューサーである秋元康氏と(所属レコード会社である)ソニーミュージックに対し、この不適切で非常に侮辱的な表現について謝罪を求める」などと非難。世界的に物議を醸す事態に発展していた。

 【以下、レコード会社のHPに掲載されたコメント全文】

 平素は欅坂46を応援していただき、誠にありがとうございます。

 10月22日に開催されましたハロウィンイベントにおいて、欅坂46が着用した衣装について、「ナチスドイツの軍服がモチーフではないか」とのお問い合わせ・ご指摘をいただいております。

 私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます。

 また、当該の衣装に関しては、今後一切着用いたしません。

 今回のご指摘を真摯に受け止め、再発防止に努めてまいります。多くのみなさまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス