文字サイズ

笑福亭仁鶴「生活笑百科」勇退報道を補佐役・桂南光が否定

桂文之助(左)と桂南光=大阪市内
桂文之助(左)と桂南光=大阪市内
2枚2枚

 落語家の桂南光(64)が3日、大阪市内で行われた「『米朝一門会』記者懇談会」に出席。一部で報じられたNHKの法律バラエティー番組「バラエティー生活笑百科」で“相談室長”を長年勤める笑福亭仁鶴(79)の勇退について、南光は「全く知らない。そんなことないと思いますよ」と否定した。

 南光は今年4月から仁鶴をサポートする“室長補佐”として同番組にレギュラー出演している。記者から仁鶴の勇退報道について問われると「この間もご機嫌にやってはりましたんで」と説明。また、仁鶴が「僕は暇になった」とぼやいていたことも明かし、「俺にさすねんから暇になってしゃあないでしょう」と笑わせていた。

 夏の恒例となっている「米朝一門会」(8月15日、サンケイホールブリーゼ)について、懇談会に同席した桂文之助(60)は「米朝一門の檜舞台。あんまり落語会に来ない人でも(例年)来ようと思うんです」とその魅力を宣伝した。

 「生活笑百科」は31年続くNHKの長寿番組。3日発売の「週刊文春」では、仁鶴と同じ年の桂歌丸が日本テレビ系「笑点」の司会を勇退したことなどから、仁鶴の勇退説を報じている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス