文字サイズ

長山洋子 下町人情に感慨

 新曲発売イベントを開催した長山洋子=東京・小名木川
1枚拡大

 歌手・長山洋子(48)が16日、東京都江東区の小名木川沿いの遊歩道で、新曲「ふれ逢い橋」(18日発売)の発売記念イベントを開催した。

 新曲は小名木川に架かる橋を舞台に人と人がふれあう下町人情を描く。作品の舞台に立った長山は「風情があって、街も広々していて住みやすそう」と話し、イベントを見守る地元の人たちに手を振った。自身の人生についても「多くの方との、たくさんのふれあいがあって、ここまでやってこられた」と振り返り「今後は、日本の伝統文化を、いろんなジャンルの方とふれあい、海を越えて発信できたら」と新たな挑戦も誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス