文字サイズ

ゴダイゴ 6人「6ダイゴ」で初ライブ

 来年にデビュー40周年を迎えるロックグループ「ゴダイゴ」が11日、オリジナルメンバー5人にベースの吉澤洋治(58)を加えた6人編成となり、初ライブをビルボード大阪で行った。ライブでは、ゴダイゴの曲として36年ぶりにNHK「みんなのうた」で放送される新曲「きみはミラクル!」(7日発売)を初披露した。

 新曲「きみはミラクル!」は生まれてきた子どもたちと、未来の若者たちに「そこにいることがミラクル!」とゴダイゴが送るメッセージソングだ。

 6人編成の新生ゴダイゴとして初録音した曲で、ボーカルのタケカワユキヒデ(62)が「NHKの『みんなのうた』で流れます!」と紹介すると600人のファンから大拍手。ゴダイゴの曲が「みんなのうた」に登場するのは1979年の「ビューティフル・ネーム」以来、36年ぶりとなる。

 新メンバーの吉澤は80年、ベースのスティーブ・フォックス(61)脱退後に加入し、85年の活動休止まで在籍していた。06年の活動再開後も、吉澤は多忙なスティーブの代役を務めてきた。6人編成になったことでメンバーは新生ゴダイゴを「6(ロク)ダイゴ」と呼んでいるという。

 リーダーのミッキー吉野(63)は「マルチプレーヤー・吉澤の参加でより音の厚みを増した。ゴダイゴのサウンドとして古くささと新しさが、妙に新鮮さを醸し出してくれ、新しい発見ができた。とてもうれしい」と6人での初ライブの印象を語った。

 大ヒット曲「ガンダーラ」「モンキーマジック」「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」も披露し、ロック界のレジェンドとしてもファンを大喜びさせた。

 東京での新曲と新メンバーの初お披露目は11月1日、中野サンプラザホールとなる。

 また、ミッキー吉野は、ゴダイゴを6ダイゴに進化させると同時に、自身の半生をつづった初著書「ミッキー吉野の人生(たび)の友だち」(シンコーミュージック)を3日に発売した。16歳で加入したザ・ゴールデン・カップス、ゴダイゴの結成から解散、そして再始動を自伝的に書き下ろし、新曲やゴダイゴの未来についてもつづっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス