文字サイズ

江口洋介 人生初の短髪、漁師役で決意

 人生初の短髪で漁師役に挑む江口洋介(右)=(C)2016「人生の約束」製作委員会
1枚拡大

 俳優の江口洋介(47)が、映画「人生の約束」(2016年公開)で人生初の短髪を披露していることが27日、分かった。

 江口が演じるのは富山・新湊の漁師・渡辺鉄也。現地を訪れて漁師たちの生活を調査するうちに「シンプルな髪型の方が鉄也らしい」と、短髪にすることを決意した。ロン毛のイメージが強い江口だが、男くささが倍増した新境地を開いた。

 ドラマ「ひとつ屋根の下」でロン毛の“あんちゃん”を演じた江口が、故高倉健さんをほうふつさせる漁師ヘアを公開した。これまでは短くても髪が耳にかかっており、ここまで短くしたのは人生で初めてだという。

 きっかけは新湊訪問だ。キャラクターを固めるため今年2月に訪れ、漁師の仕事を見学。街では角刈りの男性を多く見かけた。「毎日を必死に生きているだろうとイメージすると、シンプルな髪型の方が鉄也らしいと思ったんです」。短髪にためらいはなかった。

 当初はもう少し長めだったが、クランクインを待つ間に「もっと大胆に切った方がいいな」と考え、再び散髪。「クランクインまでもっと日があれば、もっと短くなっていたかもしれないですね」と前のめりな心境を明かした。撮影現場ではすっかり漁師になり切っており、空き時間に自転車で走ったり、地元の人と話し込んだりするなど、違和感なく町に溶け込んでいる。

 目に見える決意表明に、石橋冠監督(77)も「これはいいね」と納得したという。江口とは2010年のWOWOWドラマ「なぜ君は絶望と闘えたのか」で組んだ間柄できずなは強く、約3年前に映画の企画を聞いた江口は台本も読まずに出演を即決したほど。「冬物語」「池中玄太80キロ」「昨日、悲別で」などの名匠・石橋監督のもと、短髪で男くささが増した江口の漁師ぶりに期待が募る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス