文字サイズ

「8・6秒」の由来は50メートル走

 8・6秒バズーカーのはまやねん(左)と田中シングル=東京・渋谷
1枚拡大

 謎のフレーズ「ラッスンゴレライ」を駆使したリズムネタでブレーク中のお笑いコンビ「8・6秒バズーカー」が20日、都内で映画「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」(24日公開)のPRイベントに登場した。

 「8・6秒バズーカー」は中学の同級生だったはまやねんと田中シングルによるコンビ。2人が2013年に吉本興業のタレント養成所「NSC」に入学した夜に中学に忍び込み、はまやねんが50メートルを走ったタイム「8・6秒」に、インパクトのある言葉「バズーカー」を加えてコンビ名とした。

 ネタは軽快なリズムに乗って、はまやねんが「たのしい南国ラッスンゴレライ」などと繰り出し、これに田中が「ちょっと待って、ちょっと待って、おに~さ~ん、ラッスンゴレライって何ですの」と突っ込む。頭から離れないフレーズがブームとなりつつある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス