文字サイズ

北野武監督 新作は“高齢者コメディー”

 北野武監督(67)が「アウトレイジ」シリーズから一転、新作で“高齢者コメディー”に挑むことが5日、分かった。タイトルは「龍三と七人の子分たち」(来年4月25日公開)。主演の藤竜也(73)率いる元やくざの老人たちが、詐欺集団と対決するストーリーだ。本職でもある笑いを手がけた北野監督は「世代を超えて楽しめる娯楽作品。笑ってくれればそれでいいよ」と、自信たっぷりだ。

 武闘派やくざ映画「アウトレイジ」の反動か、北野監督が本気で笑いを取りに来た。

 主人公・龍三(藤)の子分を演じるのは近藤正臣(72)、中尾彬(72)、小野寺昭(71)、品川徹(78)、樋浦勉(71)、伊藤幸純(72)、吉澤健(68)の7人。北野監督も警察官役で出演している。

 平均年齢72歳、後期高齢者目前の老人たちがメーンを務めたとあって、北野監督は「公開日までとにかく元気でいてほしい。誰かの遺作になっちゃったりしないよう、皆さんの健康が心配でしょうがないね」と“毒ガスエール”を送った。

 ただし、描くのは枯れた高齢者ではなく、米俳優・映画監督のクリント・イーストウッド(84)や英ロックバンド、ローリング・ストーンズのようにパワフルな老人。「国際的にもジジイたちが大活躍している時代であることを、あらためて思い知れって若者たちに言いたいね」と“挑戦状”をたたきつけた。

 作品の主軸は痛快なストーリーだが、高齢化社会や振り込め詐欺など社会派のエッセンスも含まれている。

 藤は面識のなかった北野監督からのオファーについて「『出てくれ、出てくれ詐欺』かと思いましたね」と笑わせた。現場では北野監督があまり指示を出さなかったため常に神経をとがらせていたが「とても考えさせられました。ボケ防止にちょうど良かったんじゃないかな」と、高齢者ギャグもしっかり身につけたようだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス