文字サイズ

関ジャニ横山が阪神岩田と少年つないだ

 糖尿病と闘いながらプロ野球選手になった阪神タイガースの岩田稔投手(30)が、関ジャニ∞がメインパーソナリティーを務める日本テレビ系「24時間テレビ37 愛は地球を救う」(30日、後6・30)内のロケ企画に参加したことが4日、分かった。関ジャニ∞の横山裕(33)が仲介役を務め、糖尿病と闘う野球少年を今月初めに甲子園球場で岩田に引き合わせた。岩田はプロ野球を夢見る少年の前で活躍を約束した。

 糖尿病と闘う少年のために岩田が熱投を誓った。

 岩田は17歳のときに「1型糖尿病」を発症。病気と闘いながらプロ野球選手となり現在も阪神の主力として活躍している。そんな岩田の存在は、9歳のころに同じ「1型糖尿病」を発症した11歳の野球少年・松本京太郎君にとって、野球をできなくなるかもしれないという絶望の中、支えとなっていた。

 横山は、岩田と同じ投手である京太郎君とキャッチボールを行い、2人を引き合わせることを約束。横山は「(京太郎君は)自分のことをちゃんと受け止め、本当に強い子。岩田選手に会うにあたり聞きたいことをたくさん聞ける環境作りをアシストしたい」と意気込み甲子園を訪ねた。

 ブルペンで京太郎君と出会った岩田は自身の苦労を語りながら「あきらめないで」とエールを送り、京太郎君が今後、試合を観戦したときには、三振をたくさん取るなど活躍を誓った。

 また、メンバーの渋谷すばる(32)は、10年に前立腺がんを患い、放送中に十種競技日本記録に挑むタレント・間寛平(65)を訪問。棒高跳びの棒や円盤の感触を確かめた渋谷は、「(挑戦が)すごすぎて、とにかくよくわからない状況です」と“鉄人”の挑戦に驚きながら、「当日にはぜひ、立ち会ってそのすごさを見たい」と期待を寄せていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス