文字サイズ

竹内寿、兄のジャンプ団体・択を祝福

 銅メダルを獲得したソチ五輪ノルディックスキー・ジャンプ男子団体メンバー、竹内択(26)の弟で俳優の竹内寿=とし(20)が18日、都内で報道陣の取材に応じ、兄を祝福した。

 男4人兄弟の長男が択、末っ子は寿で、寿は択に憧れ中学までジャンプの選手だった。深夜の中継を「一緒に飛ぶような気持ち」で観戦したといい「(メダルの瞬間)叫んでしまった。五輪の団体で一緒に金メダルをとるのが小さい時の夢で、その夢をお兄ちゃんに預けて芸能界を志した。僕の夢でもあったから、本当にうれしい」と喜んだ。

 択が公表した難病「チャーグ・ストラウス症候群」についても知らされていたが「本人が家族の中で一番元気だった。五輪に出られると決まったら、すぐに筋トレしている写真を送ってきた」と強い情熱を明かした。

 清水礼留飛(20)も寿にとって、同い年でしのぎを削ったライバルで「小学校の時から知っているからうれしい。日本チームのバランス最高です」。択にはまだ連絡をしていないそうで「言葉にしきれない。1回ゆっくり温泉とかご飯に行こう」とねぎらっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス