文字サイズ

セクゾン中島、馬術で東京五輪に挑戦!

 人気グループ・Sexy Zone・中島健人(19)主演の映画「銀の匙 Silver Spoon」(2014年春公開)北海道ロケが13日、帯広市のばんえい競馬場で初公開され、中島は2020年東京五輪馬術代表を目指すと宣言した。

 農業高校で酪農を学びながら馬術部に所属する主人公・八軒勇吾(はちけん・ゆうご)を演じた同映画をきっかけに乗馬にのめり込んだ。東京で3カ月間特訓を行い、落馬を繰り返しながら、高さ70~80センチのバーを飛び越えられるまでに上達。馬術指導を担当した小師史也氏(23)も「筋がいい。運動神経がある」と才能に太鼓判を押した。

 「飛べたときは(棒高跳び女子の)イシンバエワになった気分」という中島は「甘いものではないけれど、本当に目指しますよ。ジャニーズで初めての五輪選手って、めちゃくちゃかっこいいですよね」と本気を強調。馬術の法華津寛選手(72)が2度目の東京五輪に前向きと聞くと「ライバルは法華津さん!!」と大先輩を目標に掲げた。馬術競技3種のうち、演技の正確さや美しさを競う「馬場馬術」で出場したいという。

 乗馬技術を時代劇やライブにも取り入れたいといい、「(五輪)開会式はSexy Zoneで(ショーに)出て、馬術に向かうとかね」と“二刀流”で五輪出場という壮大な夢も明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス