文字サイズ

板野友美、号泣卒業 総選挙が重圧に

 AKB48の板野友美(22)が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、グループを卒業した。公演にはチームKメンバーのほか、苦楽を共にした同じ1期生の高橋みなみ(22)、小嶋陽菜(25)、峯岸みなみ(20)も駆け付けた。誤解を生みやすいキャラクターでもあった板野に、チームKキャプテンの大島優子(24)は「卒業したら1人だから、どうやって(ともちんの)良さを伝えていくのか、心配」と別れの言葉をかけられると、大粒の涙を流した。

 メンバーオーディションに合格してから7年10カ月。板野は「たくさんつらい思いをしたからメンバーとの絆も大きくなった。AKBのファンの皆さんに会えたことは運命だと思う。頑張って歩き続けていこう。どんなことがあってもくじけず、強い私でありたい」と最後は口角を上げた“ともちゃんスマイル”で宣言。思い出のつまった劇場に別れを告げた。

 クールで冷たい印象を与えて誤解を生むことも多かったが、実は仲間思い。大島がステージで「素直に思ったことを口にするから、最初はこわい人かな、と思ったけど、中味を知っていくと違って…」と話し始めると、本来は泣き虫である板野は涙、涙…。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス