文字サイズ

キムタク、半沢の後番組で未体験の役柄

 SMAPの木村拓哉(40)が、大ヒットドラマ「半沢直樹」の後番組にあたる10月スタートのTBS系連続ドラマ「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(日曜、後9・00)に主演することが14日、分かった。

 時空を超えた究極のラブストーリーで、木村は未来から現代に送り込まれたアンドロイドを演じる。ヒロインは女優の柴咲コウ(32)。03年1月クールで同局が放送した連ドラ「GOOD LUCK!!」以来、10年ぶりのドラマ共演となる2人が“半沢”に続くヒットを狙う。

 総理、パイロット、レーサー、脳科学者などを演じてきた木村が、アンドロイドの安堂ロイド役で“半沢”の後を引き継ぐ。未体験の役柄に木村は「僕自身としても新しい挑戦。時空を超えた世界、その設定にもワクワクします。『安堂ロイド』という男を現場でしっかりつくり上げていきたい」と、9月上旬のクランクインを心待ちにした。

 オリジナルで描かれるドラマは、2113年から現代にやってきた安堂ロイドと、ヒロイン・安堂麻陽(あさひ)の時空を超えた恋物語。ある人物から依頼を受けたロイドが机の引き出しから現れ、抹殺された天才科学者・沫嶋黎士(まつしま・れいじ)の婚約者で何者かに命を狙われる麻陽を守っていく。

 ロイドと黎士の2役を演じる木村が柴咲と10年前に共演した、ANAを舞台にした青春ドラマ「GOOD LUCK!!」は最終回の平均視聴率が37・6%を記録。木村がパイロット、柴咲が整備士を演じ、航空業界の就職ブームを呼んだ。

 再共演に木村は「愛は時空を超えられるのか…そんなラブストーリーの相手が柴咲さんで心強い」と語れば、柴咲も「過去のいたらなかった自分を進化させ、今できることを惜しみなく体現できたら。麻陽にとっても私にとってもヒーローである木村さんに気持ちよくロイドを演じてもらえるよう尽力します」と再会が待ち遠しそう。高視聴率をマークした“最強タッグ”が、愛を理解できない男と愛を失った女を演じ、極上のラブストーリーをつくり上げていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス