文字サイズ

錦戸、占い師役で1年半ぶり連ドラ主演

 関ジャニ∞の錦戸亮(28)が、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ(仮)」(火曜、後10・00)に主演することが29日、分かった。昨年4月クールのTBS系「パパドル!」以来、約1年半ぶりの連ドラ主演となる錦戸は、コメディータッチの謎解きミステリー作品で元ホストのインチキ占い師を演じる。9月上旬撮影開始予定で、陰陽師らが着ていた「狩衣(かりぎぬ)」姿も初披露する。

 県警鑑識課(巡査部長)やパティシエなど数々の“職業”を経験してきた錦戸が、占い師役に初挑戦する。

 作家・天野頌子(しょうこ)氏原作のシリーズ累計40万部を超える人気ノベル“陰陽屋シリーズ”をドラマ化。東京・王子を舞台に、「占いはエンターテインメントだ」と言い切る霊能力ゼロの占い師・安倍祥明(あべのしょうめい=錦戸)が、陰陽師の衣装で毒舌を交えながら悩みを解決する新感覚の謎解きミステリーだ。

 錦戸は「占い師ということですが、占いについては疎い方でして…。ドラマを通じて、興味を持てたら」と新たな“業種”に少々戸惑い気味。それでも、イケメンながら、毒舌でめんどくさがりというひょうひょうとした役柄に、「どこか憎めないキャラクターになればいい。狩衣という衣装にも挑戦します。着たことがないので楽しみにしています」と抱負を語った。ナンバーワンだったホスト時代のシーンも登場するという。

 制作する関西テレビの豊福陽子プロデューサーは「ときに耳に痛い真実を突きつけることもありますが、憎めない。人をひきつける主人公をお願いできるのは錦戸さんをおいてほかにないと思いました」と起用理由を説明。ハードな仕事も涼しげにこなす錦戸にとって、まさに“ハマり役”の役柄となりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス