文字サイズ

島崎初センター曲AKB姉妹で盛り上げる

 AKB48の29枚目シングル「永遠プレッシャー」(12月5日発売)が、AKBグループの“オールスターシングル”となることが7日、分かった。

 表題曲は9月のじゃんけん大会で優勝した島崎遥香(18)がセンターを務める、じゃんけん選抜16人が歌うが、国内姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48の選抜メンバーがそれぞれ歌う楽曲がカップリング曲として収録される。AKBグループ一丸となって、島崎の初センターシングルを盛り上げる。

 次代のエース候補・島崎の初センターシングルを、国内姉妹グループが“総出”で花を添える。SKE、NMB、HKTの選抜メンバーがそれぞれオリジナル曲を歌唱。AKBのシングルに姉妹グループの楽曲が収録されるのは初となる。

 選抜メンバーは、SKEでは松井玲奈(21)、松井珠理奈(15)(珠理奈はAKBチームKと兼任)ら16人、NMBは山本彩(19)、渡辺美優紀(19)(渡辺はAKBチームBと兼任)ら16人、HKTは指原莉乃(19)、今年の選抜総選挙で47位に入った宮脇咲良(14)ら16人で編成。各グループの“トップ級”がめじろ押しの“オールスターキャスト”が集結する。特に、HKTは、まだCDを出しておらず、AKB作品の中で“CDデビュー”することになる。

 また、「永遠‐」には、“夢のミュージックビデオ(MV)”も付いてくる。この日、公演曲を中心に、過去MV化されていなかった楽曲の中から、MV化してほしい楽曲を決める“MV総選挙”の上位3曲も発表された。1位が「チームB推し」、2位が「ファーストラビット」、3位が「桜の花びら~前田敦子 solo ver.~」に決定。MVの収録はすでに終わっており、3曲はTYPE A~Cにそれぞれ1曲ずつ収録される(シングルはA~Dまでの4形態)。

 音に映像にAKBグループの魅力がたっぷりと詰まった作品は、島崎の“記念シングル”にふさわしい1枚になりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス