文字サイズ

AKB新3チームWセンターお披露目!

 11月1日からチーム再編による新体制で始動するAKB48が、新3チームともに最新曲でエースと若手がWセンターでコンビを組んでいることが28日、分かった。

 この日、大阪・京セラドームで行われた握手会イベントでサプライズ発表。大型スクリーンで、今月31日に「A」「K」「B」の3種類が発売される28枚目シングル「UZA」の、各バージョンのカップリング曲のミュージックビデオ(MV)が上演された。

 新チームAは和風をテーマにした曲「孤独な星空」で、センターは渡辺麻友(18)と川栄李奈(17)を抜てき。新チームKはバンドがテーマの曲「スクラップ&ビルド」で、大島優子(24)と松井珠理奈(15)が務める。新チームBは学校をテーマにした曲「正義の味方じゃないヒーロー」を、柏木由紀(21)と島崎遥香(18)が担当。いずれも総選挙上位3人が、次世代のエース候補とコンビを組んでおり、若手組には9月のじゃんけん大会を制した島崎に加え、正統派として着実に実力をつけている川栄が大抜てきされた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス