文字サイズ

松山英樹とデシャンボーがパターを交換!?打ち方の指導も

 練習場でデシャンボーのパターを試す松山英樹
 デシャンボーと松山英樹がパターを交換
 デシャンボーにパターの打ち方をレクチャーされる松山英樹
3枚

 「米男子ゴルフ・マスターズ・公式練習」(4日、オーガスタ・ナショナルGC=パー72)

 昨年大会を制した松山英樹と、2020年全米オープン選手権覇者のブライソン・デシャンボーが、パターを交換して練習した。

 この日午後に後半の9ホールをラウンドした松山はその後、練習場でアプローチとパッティングを調整した。その練習グリーンに現れたのがデシャンボー。2人は互いのパターを交換し、1球打って感触を確かめた。

 自称“ゴルフの科学者”ことデシャンボーは、ロングアイアンからウエッジまでのシャフトの長さを37・5インチに統一するなど、これまでの常識にはない独自の発想によるセッティングで有名。パターに関しても、長く太いグリップを左前腕に密着させて打つアームロック式を採用する。

 交換したパターを返した後は、デシャンボーが打ち方を説明する場面も。松山もクラブいじりが好きだと自称するが、デシャンボーの“レクチャー”には興味津々の様子だった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ゴルフ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ゴルフ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス