文字サイズ

稲見萌寧 2オーバー25位スタート 切り替えへ「毎日アンダー出せるように」

 「女子ゴルフ・ツアー選手権リコー杯・第1日」(25日、宮崎CC=パー72)

 逃げ切りでの賞金女王を狙う賞金ランキング1位の稲見萌寧(22)=都築電気=は、40人中25位と大きく後れを取った。武器のショットが乱れ、1バーディー、3ボギーの74。「本当にパーを取るのがいっぱいいっぱいでした。80ぐらい打ってもおかしくない内容でした」と振り返った。

 前日は賞金女王を争う同2位の古江彩佳(21)=富士通=と笑顔でツーショット写真に納まっていたが、この日の同組でのラウンド中は常に距離があった。「緊張感とかはないけど、ただ私が調子が悪く、それどころではなかった」と両者が会話するシーンは見られず。そのライバルは自身とは対照的に8アンダーで単独首位と好スタートを切った。

 最終18番で6メートルの難しい下りフックラインを決め、ようやく初バーディーで2日目以降につなげた。「何とか耐えて良かった。まだ3日間ある。毎日アンダーを出せるように頑張りたい」と気持ちの切り替えに努めていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス