文字サイズ

木戸愛が通算6アンダー プロレスラーの父・修から助言「冷静にやり切るをテーマに」

 「女子ゴルフ・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯・第2日」(10日、静ヒルズCC=パー72)

 11位から出た木戸愛(31)=ゼンリン=が14番からの3連続を含む5バーディー、1ボギーの68を出し、通算6アンダーまでスコアを伸ばした。

 「昨日今日といいパッティングが決まっているのが心強くて、ショットも良い感じで回れている」。決勝ラウンドへ向けてはプロレスラーの父・修さんの言葉を引用し「父からも言われているように、冷静にやり切るをテーマにしたい」と前を向いた。

関連ニュース

    t>

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス