文字サイズ

西村優菜、超ラッキー生還 笹生と首位キープ「刺激になるし自分も頑張ろうと思う」

 「女子ゴルフ・大王製紙エリエール・レディース・第2日」(20日、エリエールGC松山=パー71)

 濃霧で9時16分から1時間26分の中断があり、再開後のスタートとなった渋野日向子(22)=サントリー=は2バーディー、4ボギーの73でラウンド。通算1アンダーの20位に後退したが終盤、17番では池に入ったボールが飛び出してくる幸運もあって2戦連続予選通過を果たした。西村優菜(20)=フリー=が通算7アンダーで笹生優花と並んで首位。1打差3位に勝みなみと古江彩佳がつけた。

 こちらも池ぽちゃからの生還だ。西村は17番パー5の3打目が池へ。これが「池の中のコンクリートのようなところに当たって、飛び出してきて。超ラッキーでした」とパーをセーブした。

 濃霧で中断があり、小雨の後は冷たい風も吹く悪条件で各選手のスコアが伸びない中を3バーディー、2ボギーの70。笹生と並んで首位を維持し「ショットが乱れて後半にチャンスをつくれなかったが、その中でアンダーで帰ってこられたので、OKですね」と胸をなで下ろした。

 3戦前の樋口久子・三菱電機レディースでプロ初勝利を挙げて自信をつけた。「自分のプレースタイルが大体できて、メンタル面でも自分を分析できるので切り替えも早くなっている」と言う通り、ミスを引きずらないのが強みだ。

 ともに新人ながら、同組でプレーした笹生は今季2勝。西村は「同世代で上位争いして刺激になるし、自分も頑張ろうと思う。決勝ラウンドをいい位置で迎えられてよかった」。残り2日間も優勝争いの主役になれるか。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス