文字サイズ

永峰咲希メジャー初V 鍛え抜いたショットで逆転1打差逃げ切り!新世代へ意地見せた

 トロフィーに笑顔を見せる永峰咲希(代表撮影)
2枚

 「女子ゴルフ・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯・最終日」(13日、JFE瀬戸内海GC=パー72)

 首位と2打差の4位から出た永峰咲希(25)=ニトリ=が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算12アンダーで2018年のフジサンケイ・レディース以来となる2勝目を手にした。

苦しくてたまらない胸突き八丁で、心のよりどころを必死で模索し、探し当てた。これが永峰の、プロ7年間での大きな成長。メジャー初戴冠の原動力となった。

 「ショットもパットも日に日によくなって」と臨んだ最終日。「日本にないようなリンクス」の風景を楽しみながらコースに飛び出すと、いきなり1番で7メートルの下りパットをねじ込むバーディー発進となった。

 「(コロナ禍で)練習時間は山ほどあった。試合がないから抜きたくもなるけど、そこでするかしないか、大きく違ってくる」。休みたい気持ちを抑え込んでショット、パットを鍛えに鍛えた。

 8番パー3では、右からの風にぶつけるように、低くて強い球を放つと「ここしかない」というピン左2メートルに置く、最高のティーショット。鍛え抜いたショットを生かし、この日3つ目のバーディーだ。

 さらに10、11番と連続バーディー。「これで勝てなかったら、しばらく優勝はないな」と思えるくらいに、流れを手にしたはずだった。ところが12番で15メートルを3パットのボギー。プレッシャーが襲ってきた。

 「押しつぶされそうだった」。しかし永峰は、「バーディーパットはオーバーしているから」、そして「ショットは悪くない」と冷静に自分を見つめ、重圧をはね返した。大きな成長部分だ。16番も3パットのボギーだが、もう崩れることはない。残り2ホールをパーでまとめて、逃げ切った。

 黄金世代、ミレニアム世代、新世紀世代と若手が台頭も「私たちの世代も強い子が多い。私の優勝でまた(同級生が)エンジンをかけてくるし、私も負けないよう頑張れる」と、主役を譲らない気概を見せた。25歳。選手権覇者として「恥じない選手に」。まだまだやることはある。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス