文字サイズ

田辺ひかり、自己最高2位!堂々大健闘「自信につながるプレーできた」

 「女子ゴルフ・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯・最終日」(13日、JFE瀬戸内海GC=パー72)

 首位と2打差の4位から出た永峰咲希(25)=ニトリ=が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算12アンダーで2018年のフジサンケイ・レディース以来となる2勝目を手にした。通算10アンダーからスタートした田辺ひかり(23)=伊藤園=も71と粘ったが、1打及ばず初優勝を逃した。

 大番狂わせはならなかった。無名の23歳、田辺は永峰に1打差で迎えた18番、右手前8メートルのバーディーパットがカップに届かなかった瞬間、優勝の望みが途絶えた。

 「今日は風が強くてパッティングのリズムが狂ってしまった」

 “タラレバ”だが、14、15番のバーディーパットが入っていたら、展開は変わっていたかもしれない。通算11アンダーまで伸ばした直後の14番は2メートルがカップに蹴られ、15番は2.5メートルが不運にも縁で止まった。

 「本当にそうですけど、この風の中でチャンスを作れた部分は満足してる」。それでもメジャーの大舞台で堂々の優勝争いを演じ、自己最高の2位に入った。出場した5試合すべてで予選落ちした昨年に比べれば、雲泥の差だ。

 広島県福山市出身で実家から車で40分のコースで行われた今大会。「この4日間本当に楽しくて、初めての最終組も経験できた。これからの自分の自信につながるプレーがしっかりできたと思う」と前だけを見た。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス