文字サイズ

小田孔明が7月豪雨チャリティーオークション開催へ 福岡出身、九州復興へ旗振り役に

 プロゴルファーの小田孔明(42)=プレナス=が、多数の死者、行方不明者を出した令和2年7月豪雨の復興支援チャリティーオークションを行うことが29日、分かった。

 特に九州で被害が甚大だった今回の豪雨を受け、福岡県出身の小田が旗振り役となり、秋吉翔太、出水田大二郎ら九州出身の“チーム孔明”を中心に、賛同するプロたちが参加、収益金を自治体に手渡すという。

 8月15日から小田の公式YouTube「孔明YOUTUBEで何しようと!?」および連動するインスタグラム上でオークションを開始する。商品はゴルフ関連のみならず、プロ野球他、各界著名人から提供されたグッズとなる。同31日に締め切り、9月中旬に小田らが福岡県大牟田市、秋吉らが熊本県人吉市、出水田らが鹿児島県鹿屋市に直接出向いて寄付を行う予定。

 チャリティー、および直接の手渡しという行動について小田は「今回の豪雨災害に、チーム孔明で何かできないかと考えました」と説明。賛同したプロは中嶋常幸、松山英樹、石川遼ら多数と言い「僕も自宅の宝物を出品します!」と話した。また収益金が多額となった場合は、前記以外の自治体にも寄付を行う予定で「ぜひ、ご協力ください」と呼びかけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス