文字サイズ

渋野日向子「残念」五輪ロード軌道修正へ 新型肺炎の影響で米ツアー2試合中止

 米女子プロゴルフ協会(LPGA)は10日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大のため、ホンダLPGA(20日開幕・タイ)とHSBC女子世界選手権(27日開幕・シンガポール)を中止すると発表した。両大会には米ツアーを主戦場とする畑岡奈紗(21)=フリー=に加え、日本から渋野日向子(21)=サントリー=が参戦する予定だった。

 思い描く“東京五輪ロード”はいきなり軌道修正を余儀なくされた。五輪代表は6月末の世界ランキングで決まり、3日付ランキングで11位の渋野は、同15位以内をキープできれば自動的に出場権を得られる。そのため、今季は獲得ポイントの高い米ツアーにスポット参戦する意向を示していた。

 まず、国内ツアー開幕の前にタイ、シンガポールと連戦するプランを立て、1月27日からタイで10日間の合宿を敢行。急ピッチで調整を進めてきたが、両大会の中止でプランは白紙に。今後は未定だが、3月5日開幕のダイキン・オーキッド・レディース(沖縄・琉球GC)が今季初戦となる見込みとなった。

 渋野は、マネジメント事務所を通じて「楽しみにしていた大会が中止になりとても残念。新型コロナウイルスの影響の拡大が一刻も早く終息することを祈っております」とコメント。LPGAは「私たちの選手、ファン、大会関係者の健康と安全が常に最優先される。残念に思う一方で、またアジアに戻ってくるのを楽しみにしている」と声明を出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス