文字サイズ

鈴木愛、ぼやきのち…大爆発予告!グリーンに苦戦「どこに打てばいいの」

 「女子ゴルフ・LPGAツアー選手権リコー杯・第3日」(30日、宮崎CC=パー72)

 3位から出たイ・ボミ(31)=韓国=が7バーディー、4ボギーの69で回り、通算7アンダーで単独首位に立った。2017年CATレディース以来となる復活優勝を目指す。賞金女王を争うランク3位の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=は71で通算5アンダーの3位。同1位の鈴木愛(25)=セールスフォース=は70で1アンダー12位、同2位の申ジエ(韓国)はイーブンパー17位から巻き返しを狙う。

 フラストレーションがたまる展開は3日目も変わらなかった。鈴木が得意のグリーン上で苦しんだ。「いいパットを打っても、とにかく入ってくれない。ラインを浅く読めば切れるし、深く読めば切れない。どこに打てばいいのって感じ」。高麗芝の対応に表情を曇らせながらぼやいた。

 出だしは巻き返しを予感させた。1番で残り124ヤードの第2打を1・5メートルにつけてバーディー発進。9番はグリーン手前バンカーからの第3打を1メートルに寄せてスコアを伸ばした。流れが変わったのは11番。5メートルのバーディーチャンスから3パットしてボギー。続く12番は1・5メートルのパーパットを外した。

 「(3日間の中では)一番流れをつかんで回れたとは思うけど、11、12番がもったいなかった。それさえなければという感じ。自分に腹が立ちました」

 それでも気持ちを切らさず、13番パー5で第3打を“OK”の距離に寄せてバーディー。14番は4メートルを沈めてアンダーパーに持っていき「あそこで伸ばせたのはよかったかなと思う」と自分を納得させるように話した。

 最終日は首位のイ・ボミに6打差、渋野には4打差でスタートする。優勝の可能性は遠のいたが、もちろんあきらめるつもりはない。「自分がビッグスコアを出せば、もしかしたら優勝もあるかなと思う。18ホール攻めていこうと思う」と大爆発を予告した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス