文字サイズ

浅井咲希PO目前も届かず2位 あと“ひと転がり”18番カップの縁でボール止まる

 「女子ゴルフ・ゴルフ5レディース・第3日」(8日、ゴルフ5サニーフィールド=パー72)

 首位と1打差の3位から出た浅井咲希(21)=小杉CC=が惜しくもツアー通算2勝目を逃した。韓国の実力者2人と最終組でラウンド。5バーディー、1ボギーの68で回り通算15アンダーに伸ばしたが、最終18番で入ればプレーオフだったバーディーパットがカップの縁に止まった。イ・ミニョン(韓国)が通算16アンダーで今季2勝目、通算5勝目。

 18番グリーンで浅井は天を仰いだ。入ればプレーオフとなる2メートルのバーディーパットがカップの縁で止まった。3位から5バーディー、1ボギーで食い下がったが及ばず「力は出した。最後で台無しにしてしまった」とうなだれた。元世界ランキング1位の申ジエを含めた韓国の強い2人に最終組で挑戦。あと“ひと転がり”届かず逆転は果たせなかったが、堂々と渡り合い「自信になった」とも語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス