文字サイズ

渋野日向子 驚回復で9位浮上 前夜発熱もスマイル戻った!首位と5差で逆転Vへ

 「女子ゴルフ・北海道meijiカップ・第2日」(10日、札幌国際CC島松C=パー72)

 前週のAIG全英女子オープンで日本選手として42年ぶりにメジャー制覇を成し遂げた渋野日向子(20)=RSK山陽放送=が2つスコアを伸ばし、トータル4アンダーで首位と5打差の9位に浮上した。前夜38度の発熱があったが、10時間睡眠で驚異的に回復。前日から倍増した5855人のギャラリーに笑顔と、終盤の爆発力を披露した。ぺ・ソンウ(韓国)が9アンダーで単独首位。鈴木愛ら3人が7アンダーで2位。

 冷たい雨も、吹き飛ばされそうな強い風も乗り越えた。渋野は得意のバックナインで3バーディーと巻き返し、逆転Vも狙える首位と5打差の9位に浮上。「これで優勝できたらヤバイと思う」。前週メジャー制覇を果たしたニューヒロインが驚異的な回復力を見せた。

 前半は「縦距離がズレた分、手前につくことが多かった」と悪天候の影響も受けて1ボギー。「やっときた、という感じだった」とパー4の15番で2メートルをねじ込み、この日初バーディーを奪うと、怒濤(どとう)の追い上げがスタートした。

 16番もバーディーパットを沈めると、最終18番パー5は第2打が「ほぼチョロだった」とミスショットになった。97ヤードを残したが、冷静にピンそば2・5メートルに寄せてバーディーフィニッシュ。ギャラリーからの歓声に代名詞の笑顔で応えた。

 体調不良で「宙に浮いたような感じだった」という初日。宿舎に戻って体温を測ると「38度」と表示された。すぐさま地元・岡山のかかりつけの医者に連絡し、助言された薬を母・伸子さん(51)がドラッグストアで購入。服用後に頭と首を冷やしながら約10時間、爆睡。朝起きると、体温は35度に下がっていた。

 「(優勝を)そこまで考えずに、トップ10に入れれば上出来だと思っているので、そこを狙って頑張りたい」

 前夜断念した和食店に「今日はぜひご飯を食べに行きたいです」と笑った渋野。甘い甘い道産トウモロコシに歯ごたえ抜群のアスパラガス…。最終日は100%の体とスマイルで再び奇跡を起こす。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス