文字サイズ

松山英樹、首位と2打差の6位 イーグル決め久々に喜び爆発

 「米男子ゴルフ・3Mオープン・第3日」(6日、TPCツインシティーズ=パー71)

 11位で出た松山英樹(27)=LEXUS=は1イーグル、5バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算13アンダーで首位と2打差の6位に浮上した。小平智は70で回り通算6アンダー59位。ブライソン・デシャンボー、マシュー・ウルフ、コリン・モリカワ(いずれも米国)の3人が通算15アンダーで首位に並んだ。

 松山が久しぶりに喜びを爆発させた。12番パー5、残り100ヤードの第3打をバックスピンでカップインさせイーグル。両手を上げて万歳し、ガッツポーズで歓声に応えた。

 前日遅くまで練習した成果が出て、スタートから絶好調だった。1番で50センチにつけ、2番は6メートルを沈めて連続バーディー。「行けるかな」と爆発の予感がしたという。トップとの差を2打に詰めて最終ラウンドを迎える。

 「(1日で)10アンダーくらい行ってもおかしくない雰囲気があった」と手応え。「明日は前半で置いていかれないことが一番大事。あとはスイッチが入ればチャンスが増える」と、1年11カ月ぶりの優勝を思い描いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス