文字サイズ

上田桃子、逆転優勝の陰に日本酒効果あり「2口飲んだ。その時…」

 「女子ゴルフ・ヨネックスレディース・最終日」(9日、ヨネックスCC=パー72)

 通算6アンダー3位から出た上田桃子(32)=かんぽ生命=が6番からの3連続を含む8バーディー、1ボギーの65で回り、通算13アンダーで逆転優勝。Tポイントレディース以来の今季2勝目、通算15勝目を挙げた。一ノ瀬優希、キム・ヒョージュ、葭葉ルミが通算7アンダーで2位。首位から出た石井理緒は7オーバー79と崩れ、通算イーブンパー23位にとどまった。

 まさに貫禄勝ちだった。上田は大差をつけて迎えた18番パー5も攻め手を緩めない。果敢に2オンを狙い、ピン左横30メートルにつけた。ファーストパットは2メートルオーバーしたが、このウイニングパットを難なく沈め、右の拳を強く握った。

 今大会は昨年をはじめ過去2位が3回。中でも16年はプレーオフ負け。「この大会はなぜか相性がいいし、そろそろ優勝したいなというのはあった。やっとリベンジができました」と充実感を漂わせた。

 前夜の夕食時、最終日に自分がどんなゴルフをするか、気持ちが固まったという。「そのお店に『屋守』(読みはおくのかみ)という名前のお酒が置いてあり、ラベルに喜怒哀楽をコントロールすると書いてあったので、2口飲んだ。その時明日は自分らしく攻めようと思った」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス