文字サイズ

浜田茉優が失格第1号 新ルール違反、捜索3分超え…紛失球でプレー

新ルール違反で失格第1号となった浜田茉優
1枚拡大

 「女子ゴルフ、ダイキンオーキッドレディース・第2日」(8日、琉球GC=パー72)

 プロ5年目で初シードの浜田茉優(23)=伊藤園=が新ルール違反で失格第1号となった。11番パー5の第2打を右ラフに打ち込み、第3打地点で球を探したが見つからず、打ち直し地点へ戻る途中で球を発見。この時点で捜索が3分を超えていたが、その球で第3打をプレー。ラウンド終了後に同伴競技者らの指摘を受け本人が認めた。

 紛失球と判断するまで球を探す時間は、ルール変更で5分から3分に短縮された。紛失球でプレーしたことで誤球の反則となり、次のホールまでに誤りを訂正しなかったため失格となった。

 浜田は「自分では(時間を)計っていなかったけど、他のキャディーさんが計っていた。失格は仕方がないです」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス